2018年01月31日

Smoke On The Water(Deep Purple)奏法解説その3〜Aメロのバッキング〜


こんにちギター講師の中村弘一です

引き続きDeep Purpleの名曲Smoke On The Waterのギターの弾き方の解説をして行きます

第三回目はAメロのバッキングです

ギターソロの時のバッキングも酷似しているので、そちらは割愛させていただきます

それでは見てみましょう

ルートと完全五度とオクターブだけ弾いていくパワーコードになります
ルート、5度、オクターブ、八分休符と言う順番で
全て8分のリズムでダウンピッキングで弾いていきます
左手はルートが人差し指、5度が薬指、オクターブが小指です

右手はブリッジミュートと言う奏法で
右手の手刀の部分をブリッジの駒のあたりに乗せて
弦の1番端のあたりに触れさせて
音が短く切れるようにします
特にロックにおいては沢山出てくる奏法ですので
是非、マスターして下さいね

Aメロは同じようなパターンを16小節も繰り返しますので
数えてて混乱される方が沢山いらっしゃいます
Fに行くタイミングを間違えやすいのです

これもコツがありまして
解説すると長くなってしまうので
気になる方は体験レッスンにお越し下さいね

次回はBメロ(サビ)のバッキングの解説です

毎日17時頃のアップを予定しています

ご質問や感想などお気軽にコメント下さいね

体験レッスン随時受付中

●品川教室(旗の台駅)

ボイトレ、ギター、バイオリン、ピアノ

●町田教室(町田駅)

ギター

●練馬教室(江古田駅)

キーボード、アレンジ

●六本木教室(六本木駅)

ボイトレ

●ベースレッスンはお問い合わせ下さい

体験レッスン・お問い合わせはhttps://violinguitar.netにてよろしくおねがいします

品川新宿音楽教室 代表 中村弘一

画像、動画、文章など無断転載をお断りします
転載・利用されたい方はご一報ください

2018年01月31日 5:00:40 PM Comment(0)

2018年01月30日

Smoke On The Water(Deep Purple)奏法解説その2〜Intro メインリフ〜


こんにちギター講師の中村弘一です

今回はDeep Purpleの名曲Smoke On The Waterのギターの弾き方の解説をして行きます

第二回目はイントロ、間奏などで出てくる「メインリフ」です

世界一有名なロックのフレーズであろう

あのジャッジャッジャーーのフレーズです

リフ(Riff)とは曲中で繰り返し使われる印象的なフレーズのことです

それでは見てみましょう

 

 

 

 

 

2本の弦の同じフレットを弾いていくフレーズなのですが

3フレットは常に人差し指で2本とも押さえ

5フレットと6フレットは常に

太い方の弦を薬指、細い方の弦を小指で押さえて下さい

難しいのは6フレットからすかさず5フレットに移動するところですね

ここは地道に練習しましょう

 

右手ですが、

Deep Purpleのリーダーでギタリストのリッチーブラックモアは

レコーディングでは指弾き、

ライブではアップピッキングで弾いているようです

出来れば、アップピッキングで頑張りたいところですが

どうしてもリズムが安定しない場合はダウンピッキングで弾いてみましょう

 

大切なのはピッキングした後の休符の感じ方です

そこは説明すると長くなり過ぎてしまうので

気になる方は体験レッスンにお越し下さいね

 

次回はAメロのバッキングの解説です

毎日17時頃のアップを予定しています

ご質問や感想などお気軽にコメント下さいね

 

体験レッスン随時受付中

●品川教室(旗の台駅)

ボイトレ、ギター、バイオリン、ピアノ

●町田教室(町田駅)

ギター

●練馬教室(江古田駅)

キーボード、アレンジ

●六本木教室(六本木駅)

ボイトレ

●ベースレッスンはお問い合わせ下さい

体験レッスン・お問い合わせはhttps://violinguitar.netにてよろしくおねがいします

品川新宿音楽教室 代表 中村弘一

2018年01月30日 5:00:56 PM Comment(0)

2018年01月29日

Smoke On The Water(Deep Purple)奏法解説その1〜全体像〜


こんにちギター講師の中村弘一です

今回はDeep Purpleの名曲Smoke On The Waterのギターの弾き方の解説をして行きます

まず第一回目は全体像からです

イントロは世界一有名なロックのフレーズであろう

ジャッジャッジャーーのリフです

リフ(Riff)とは曲中で繰り返し使われる印象的なフレーズのことです

バッキング(伴奏)は四つのパターンがあります

記事の下の方に添付してある楽譜に4種類のバッキングパターンが書いてあります

Introのリフ

Aメロのパターン

Bメロのパターン

2ページ目のギターソロの最中のバッキングパターンです

まずは見て行ってみましょう

各フレーズごとの詳しい解説は明日から一つ一つ詳しく解説して行きます

毎日17時のアップを予定しています

ご質問や感想などお気軽にコメント下さいね

体験レッスン随時受付中

●品川教室(旗の台駅)

ボイトレ、ギター、バイオリン、ピアノ

●町田教室(町田駅)

ギター

●練馬教室(江古田駅)

キーボード、アレンジ

●六本木教室(六本木駅)

ボイトレ

●ベースレッスンはお問い合わせ下さい

体験レッスン・お問い合わせはhttps://violinguitar.netにてよろしくおねがいします

品川新宿音楽教室 代表 中村弘一

2018年01月29日 4:39:37 PM Comment(0)

2018年01月29日

新宿教室閉鎖について

  • 未分類
  • Written by ギター講師 中村弘一

こんにちは

品川新宿音楽教室 中村弘一です

新宿区西新宿と品川区旗の台の二箇所でスタートした当教室ですが

昨年末に新宿教室を閉鎖いたしました

これからは

品川教室(旗の台)ボイトレ、ギター、バイオリン、ピアノ

町田教室(町田)ギター

練馬教室(江古田)キーボード、アレンジ

六本木(六本木)ボイトレとなります

 

関講師とアキ講師のベースレッスンにつきましては

お問い合わせ下さい

 

ご不便をおかけしますが

よろしくお願いいたします

 

中村弘一

2018年01月29日 1:48:30 PM Comment(0)

2018年01月22日

あけましておめでとうございます

  • 未分類
  • Written by ギター講師 中村弘一

あけましておめでとうございます

ギター中村です

先日は中野坂上の居酒屋にてライブをして来ました

 

アコギ一本で

歌謡曲、演歌、ディスコ、ポップス、ロックなどを

どこまで再現出来るか

チャレンジしているライブです

相方のユウコちゃんは多様なジャンルに対応出来る歌唱力のあるボーカリストです

ユウコちゃんと春からバンドを作って活動して行く事になりました

新しいバンドを始める時ってとにかくドキドキしますよね

高校の頃、デュオで産まれて初めてのライブをやった時

初めてバンドに加入した時

初めてバンドを自分で作った時

大学に入って初めてバンドを組んだ時

いつでもワクワクドキドキしていました

これはプロになっても何1つ変わりませんてました

ワクワクドキドキしています

このバンドを始める時のワクワクドキドキ

皆さんにも是非体験していただきたいと思います

まずは、楽器を始める所からいかがでしょうか?

是非、体験レッスンにお越し下さいね

お待ちしております

⚫️中村弘一、旗の台

ギター、ウクレレ

⚫️吉田勢良乃、旗の台

バイオリン、ピアノ

⚫️権藤ゆう、町田

ギター

⚫️福島かん、江古田

ピアノ、キーボード、アレンジ

⚫️関雅夫

ベース

ホームページの体験レッスン申し込みフォームからお待ちしております

 

 

中村弘一


2018年01月22日 7:00:23 AM Comment(0)

pagetop