2013年02月06日

UFO




こんにちは
ギター講師の中村弘一です
今日はピンクレディーのUFOを採譜してみました
イントロがゆっくり始まって
4小節かけてテンポが165くらいまで加速します

楽譜の1段目の下にaccel.と書いて
2段目の最初にテンポを表記しました

accel.はアッチェル(正式にはアッチェレランド)と読みます
BPMはBeat Per Minuteの略で1分間に何拍あるかを意味します

DSした後は基本的にはリピートは無視しますが
この楽譜のように1番3番、2番4番と書いていれば
DS後もリピートは採用になります

この頃の日本の曲はテンポも速くなったり遅くなったりするし
フレーズも入り組んでいて難しいですね
僕は個人的にシンプルな曲の方が好きですね、、、(笑)

ギターの中村は月~土の10~18時と日曜の午後に新宿か品川旗の台でレッスン可能です

ギターの権藤ゆう講師は新宿と町田
ベースのアキ講師は新宿
キーボードの福島環講師は新宿と練馬でレッスン可能です
ただいまキャンペーンも実施しています
体験レッスンにお越し下さいね

2013年02月06日 3:53:31 PM Comment(0)

2013年02月02日

チューニングの仕方


こんにちは
ギター講師の中村弘一です

今日はギターのチューニングの仕方を解説します

まずはチューナーと言う機材を購入しましょう

エレキギターやエレアコを使っている方はシールド(ケーブル)でギターとチューナーを繋ぎましょう

アコースティックギター(フォークギター、ガットギター)を使っている方は
ギターのすぐそばにチューナーを置きましょう

そして6弦を弾いて2〜3秒放置してから(←これ大事)チューニングメーターを確認します

Eの表示で針が真ん中に来たら(物によっては青信号に切り替わったら)OKです

同様に
5弦はA
4弦はD弦は
3弦はG
2弦はB
1弦はEです

注意したい点が5つあります

1.弦を弾いた直後のメーターはあてにしないこと
弦を引いた直後は少し高い音が出てしまいます
2〜3秒放置してからゆっくりメーターの針の位置を確認してください

2.ペグは音程を上げる方向に回してチューニング合わせて下さい
高くなり過ぎたから下げて合わせると
弾き始めた途端、瞬く間にチューニングがズレてしまいます
高くなり過ぎた時は必ず一旦基準の音よりも下げてから
もう一回上げて行って合わせて下さい

3.ペグは音を聞きながら回して下さい
決して弦を止めてから回さないで下さい
どれくらい音程が変わってるか耳で確認しながらチューニングする事で
耳も鍛えられるし
うっかり別の弦を回してしまったり弦を巻きすぎて切ってしまうような事もなくなります

4.ピッチを確認してください
ほとんどのチューナーにピッチ調整機能が付いています
一番 音楽の基準となるA(ラ)の音を339Hzにするか440Hzにするか441Hzにするか442Hzにするか443Hzにするか444Hzにするか
選べるようになっています
大体ポップスのライヴは440Hz
ポップスのレコーディングは440Hzか441Hz
ピアノの調律は440Hzか441Hz
バイオリンの調弦は442Hzが多いようです

ギターやベースの方は基本的には440Hz
指定された時だけ441Hzにしましょう

5.目的の音のアルファベットに♭や♯は付いていませんか?
6弦はEに合わせたつもりが
よーく見たらE♭になってた、って言う事がよくあります

以上の事に気を付けてチューニングしてみて下さいね

ご質問がある方は体験レッスンへどうぞ

ギターの中村弘一は
月〜土の10〜18時に品川旗の台か新宿、日曜は午後に品川旗の台か新宿

ギターの権藤ゆう講師と
ベースのアキ講師は新宿
キーボードのふくしまかん講師は新宿と練馬でレッスンしてます
よろしくお願いします

2013年02月02日 10:51:59 PM Comment(0)

2013年02月01日

こんにちは!


みなさん如何お過ごしでしょうか?

さてさて、わたくしは日々レッスン業に励んでいるわけですが、楽曲提供でデモ音源を作ったりもしています。

DAWはcubaseを使ってまして、夜な夜なPCと睨めっこしてたりもするんですね。

そして、明日はレッスン後に仮歌入れをやります。
楽曲提供には、本人が歌う前に別の方が仮歌詞で仮歌入れてたりすることが多々あるんですよね。まぁ ケースバイケースですけども。

明日はいい歌録れるかなーー?!

では、また今度!!

2013年02月01日 4:04:40 PM Comment(0)

pagetop