• ギターguitar
  • ベースbass
  • ドラムdrum
  • バイオリンviolin
  • ピアノ・キーボードpiano・keyboard
  • ボイトレvoice
  • レッスン料金fee
  • 講師instructor
  • ブログblog

ブログ(音楽の話や教室のお知らせなど)

2010年03月05日

音楽理論2~異名同音~


こんにちは、ギターの中村です。

たくやさん、ご質問ありがとうございました!

●質問内容
「Bメジャーコードなどの、#のついてる音符を♭で表記してもよいのでしょうか?

シ ♭ミ ♭ソ みたいに」

答えはNGです
理由はレ#とミbや、ファ#とソbは異名同音と言って実際鳴っている音の高さは一緒でも
音楽理論的役割が違うからです

コードは1度と3度と5度の3和音です
1度とはアルファベットが示す音の事で別名ルートと言います
スケールに沿って7つある音名を
ルートを1番目と数えて順番に
「1度、2度、3度、4度、5度、6度、7度」と呼びます

この時、3つ目が3度、5つ目が5度になりますので
「Bなんとか」と言うコードの構成音は
「シ レ ファ」の3つになり

コード名の「なんとか」と言う部分に応じてレやファに#が付いたり付かなかったり
場合によってはダブルシャープが付いたりします

ex.)
B Major→シ レ# ファ#
B minor→シ レ ファ#
B+5→シ レ# ファ##
Bdiminish→シ レ ファ

もし、シ ミb ソbと表記してしまったら
その曲に出て来る音は
「シ ド ミb ミ ソb ソ ラ」となってしまい
3度と5度がなく4度と6度が2種類出て来て
楽譜の表記もごちゃごちゃになってしまい
楽譜を読む人も書く人も混乱してしまいます

このお話は「調号」と言うお話で後日詳しく説明させていただきますので
それまでお待ちください
よろしくお願いします

*スケール(音階)とは
ある音を起点にして、1オクターブ上の同名の音まで特定の秩序に従って並べた音列の事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

pagetop