• ギターguitar
  • ベースbass
  • ドラムdrum
  • バイオリンviolin
  • ピアノ・キーボードpiano・keyboard
  • ボイトレvoice
  • レッスン料金fee
  • 講師instructor
  • ブログblog

ブログ(音楽の話や教室のお知らせなど)

2018年05月13日

せんろはつづくよどこまでも

  • 未分類
  • Written by ギター講師 中村弘一

こんにちは
ギター講師の中村弘一です

せんろはつづくよどこまでも
と言う歌をご存知ですよね?

この歌は明るい子供向けの歌と思われていますが
実は元はそうではありませんでした

1800年代にアメリカの南部鉄道を作るために
無理やり働かされていた人たちが過酷な状況で歌っていた歌だそうです

1955年に日本でも原曲に比較的忠実に紹介された事があるそうです
その時の日本で紹介された原曲に比較的忠実な歌詞と言うのが

「線路の仕事は いつまでも
 線路の仕事は 果てがない
 汽笛の響きが 鳴り渡れば
 親方は叫ぶ  吹き鳴らせ

 辛い仕事でも しまいには
 辛い仕事でも 果てが来る
 汽笛の響きが 鳴り渡れば
 ツルハシを置いて息絶える」

胸にグッと来る終わり方ですね
過酷すぎてどんどん仲間が息絶えて行ったそうです

昔、日本でこの曲に子供向けに歌詞を付け直して
教科書に載せようと言う事になり
原曲とはかけ離れた歌詞が日本に浸透しました

こうやって曲の成り立ちや込められた思いなどを知ると
より曲を深く理解出来て
心が動かされる物が生まれて来るのですね

歴史って興味深いですね

さて、話は変わりまして
今日の雨は凄かったですね
今日は仕事で千葉の方へ行ったのですが
ワイパーを全開にしても路面が全然見えず
車線を判別できませんでした
雨や水たまりに加え
水しぶきが凄くて
ビクビクしながら帰ってきました
明日からはまた暖かくなるようですね

楽しみです

通い易い気候になりますし
是非、無料体験レッスンにお越し下さいね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

pagetop